サステナビリティファイナンス グリーンボンド等

本投資法人は、環境性能や社会的課題の解決を目指した資産の取得を推進するとともに、ファイナンス面においても、ESG投資に積極的な投資家層の拡大に向けた取組を行っています。この一環としてサステナビリティ適格資産やグリーン適格資産取得等に係るファイナンスにおいて、サステナビリティファイナンスやグリーンボンドによる調達を先進的に行っています。

サステナビリティファイナンスについて

サステナビリティファイナンスとは、発行体がサステナビリティ適格資産に要する資金を調達する為に調達する借入金・債券のことで、一般的にはICMA(国際資本市場協会)が定める原則に則って調達されます。
本投資法人のサステナビリティファイナンス・フレームワークは、株式会社日本格付研究所(JCR)により、最高位である「SU1(F)」の評価(下記URL参照)を取得しています。
URL: https://www.jcr.co.jp/greenfinance/sustainability/

サステナビリティファイナンス・フレームワーク

(1)調達資金の使途

サステナビリティファイナンスにより調達した資金は、以下の(2)に定める資産(以下「サステナビリティ適格資産」といいます。)の新規取得資金、サステナビリティ適格資産の取得に要した既往の借入金又は投資法人債の借換・償還資金に充当します。

(2)サステナビリティ適格資産

サステナビリティ適格資産は、以下の基準を満たし、本投資法人の資産運用会社であるジャパンエクセレントアセットマネジメント株式会社のサステナビリティ会議にて選定されたものとします。
・以下のいずれかの認証を資金調達日から過去3年以内に取得済み又はサステナビリティファイナンスの残存期間中に取得予定の物件
  DBJ Green Building認証:5つ星、4つ星もしくは3つ星の評価
  CASBEE不動産評価認証:Sランク、AランクもしくはB+ランクの評価
  ・社会的課題の解決に資する以下の機能のうち、一定レベル以上の水準を有している物件
  地域防災
  医療サービス
  子育て支援
  高齢者・障がい者への配慮
  社会経済向上とエンパワーメント等

(3)サステナビリティファイナンス上限額

サステナビリティ適格資産の直近期末帳簿価格の総額に、直近期末時点の総資産LTVを乗じて算出された負債額(以下「サステナビリティ適格負債額」といいます。)をサステナビリティファイナンスの上限額とします。

サステナビリティファイナンスに関するレポーティング

(1)資金充当状況

本投資法人のサステナビリティファイナンスに関する資金充当状況は以下の通りとなる予定です。

2021年2月17日現在

サステナビリティファイナンス残高 2,000 百万円
借入先 借入
金額
(百万円)
利率 借入日 元本
返済期日
借入
期間
評価
(評価機関)
みずほ銀行 2,000 基準金利
(全銀協1ヶ月日本円TIBOR)+0.200%
2020年
9月30日
(予定)
2022年
9月30日
2年 SU1
(日本格付研究所(JCR))
資金使途 赤坂インターシティAIRの取得資金の一部として借入れたグリーンローン20億円の弁済資金に充当
サステナビリティ適格資産総額 6,522 百万円
LTV 42.7 %
サステナビリティ適格負債額 2,784 百万円
  • 直近の期末時点の確定数値です。

サステナビリティ適格資産内訳

物件名 帳簿価格(百万円)
赤坂インターシティAIR 6,522
合計 6,522

(2)レポーティング

サステナビリティ適格資産の評価

2021年2月17日現在

サステナビリティ適格資産 DBJ Green Building認証 CASBEE
赤坂インターシティAIR ★★★★★ -
  • 最新の評価と定義については、こちらをご覧ください。

グリーンボンドについて

グリーンボンドとは、発行体がグリーンプロジェクト(環境配慮型投融資案件)に要する資金を調達する為に発行する債券のことで、一般的には国際資本市場協会が定めるグリーンボンド原則に則って発行されます。

本投資法人のグリーンボンドの適格性については、ESG評価会社であるサステイナリティクスよりセカンドパーティ・オピニオン(下記URL参照)を取得しています。

グリーンボンドフレームワーク

(1)グリーンボンド発行により調達した資金の使途

グリーンボンド発行により調達した資金は、以下の(2)に定める資産(以下「グリーン適格資産」といいます。)の取得資金、グリーン適格資産の取得に要した借入金の返済資金又は、既に発行した投資法人債(グリーンボンドを含みます。)の償還資金に充当します。

(2)グリーン適格資産

グリーン適格資産は、本投資法人が保有する特定資産のうち、各グリーンボンドの払込期日において、過去2年以内に以下のいずれかの認証を取得済又は将来取得予定のものを指します(但し、サステナビリティ適格資産に該当するものは除きます)。

  1. DBJ Green Building 認証:5つ星、4つ星もしくは3つ星の評価
  2. CASBEE 不動産評価認証:Sランク、AランクもしくはB+ランクの評価

グリーン適格資産は、資産運用会社のサステナビリティ会議(サステナビリティへの取組を組織的に推進するために設置された、取締役等により構成される会議)において選定されます。

(3)グリーンボンド発行上限額

グリーン適格資産の直近期末帳簿価格の総額に、直近期末時点の総資産LTVを乗じて算出された負債額(以下「グリーン適格負債額」といいます。)をグリーンボンドの発行上限額とします。

グリーンボンドに関するレポーティング

(1)資金充当状況

本投資法人のグリーンボンドに関する資金充当状況は以下の通りです。

2021年2月17日現在

グリ-ンボンド発行残高 9,000 百万円
名称 発行総額
(百万円)
利率 発行日 償還期限 発行年限
第14回無担保投資法人債
(JEIグリーンボンド)
4,000 0.63% 2018年
8月10日
2028年
8月10日
10年
第16回無担保投資法人債
(第2回JEIグリーンボンド)
5,000 0.75% 2020年
10月29日
2035年
10月29日
15年
グリーン適格資産総額 162,475 百万円
LTV 42.7 %
グリーン適格負債額 69,377 百万円
  • 直近の期末時点の確定数値です。

グリーン適格資産内訳

物件名 帳簿価格(百万円)
赤坂インターシティ 26,679
浜離宮インターシティ 17,178
日石横浜ビル 22,686
マンサード代官山 11,208
大森ベルポートD館 20,655
興和西新橋ビル 10,960
武蔵小杉タワープレイス 12,346
興和川崎東口ビル 10,357
興和川崎西口ビル 19,113
BIZCORE赤坂見附 6,189
SE札幌ビル 5,099
合計 162,475

(2)レポーティング

グリーン適格資産の評価

2021年2月17日現在

グリーン適格資産 DBJ Green Building認証 CASBEE
赤坂インターシティ ★★★★★ -
浜離宮インターシティ 住居部分 ★★★★★
オフィス部分★★★★
-
日石横浜ビル ★★★★ -
マンサード代官山 ★★★★ -
大森ベルポートD館 ★★★ -
興和西新橋ビル ★★★ Aランク
武蔵小杉タワープレイス ★★★ -
興和川崎東口ビル ★★★ -
興和川崎西口ビル ★★★ -
BIZCORE赤坂見附 ★★★ -
SE札幌ビル ★★★ -
  • 最新の評価と定義については、こちらをご覧ください。

グリーン適格資産の定量的指標

期間 グリーン適格
資産の数
賃貸可能面積
(㎡)
電力消費量(※)
(MW/h)
水使用量(※)
(千㎥)
CO2排出量(※)
(t-CO2)
2019年4月~2020年3月 12 209,817.50 48,322 263.0 29,882
  • 本投資法人がエネルギー管理権限を有している範囲に限ります。
    2020年3月末時点のグリーン適格資産の数値です。