ESG基本方針

サステナビリティ方針

ジャパンエクセレント投資法人及び資産運用会社は、不動産投資運用事業における環境、社会、ガバナンス(ESG)配慮の重要性を認識するとともに、企業の社会的責任として持続可能な社会の実現を目指し、環境負荷の低減及びステークホルダーとの連携・協働に努めます。

そのため以下のサステナビリティ方針を定め、本セクションにご紹介するような取り組みを行っております。

1. 環境負荷の低減

  1. 省エネルギーとCO2排出抑制
    運用する不動産において、エネルギー効率を高める運用改善や、省エネルギーに資する設備の導入などを推進し、省エネルギーとCO2排出抑制に貢献します。
  2. 資源の有効活用
    節水に係る取組みや、廃棄物削減のための3R(リデュース、リユース、リサイクル)の推進により、循環型社会の実現への貢献に努めます。

2. ステークホルダーとの連携・協働

  1. 従業員の教育・啓発
    サステナビリティに係る取組みを推進するため、ESG研修などの教育・啓発活動の実施により、環境等に関する意識の高い従業員の育成に努めます。
  2. 社外関係者との連携
    テナントやプロパティ・マネジメント会社などと連携し、環境負荷の低減に取り組むと共に、地域コミュニティとの交流の促進に努めます。
  3. 情報開示
    投資主、テナント、取引先等の様々な関係者に対し、サステナビリティに係る方針や取組状況の積極的な開示に努めます。

ジャパンエクセレント投資法人
ジャパンエクセレントアセットマネジメント株式会社

サステナビリティ推進体制

サステナビリティへの取組を組織的に推進するため、社長・本部長をはじめとする主要メンバーで構成するサステナビリティ会議を設置し、目標の設定や取組状況のモニタリングを定期的に行う社内体制を構築しています。